大学生と昨夜は旭川で出会いました

大学生から西洋音楽の黄金時代へ1970年代から1980年代まで
私はあらゆる音楽を聴いた旭川で出会い

私が大学生だったとき、私はまだアナログレコード盤の時代にいました(昭和、笑)
私は会社に戻り、友達とレコードショップの近くに来ました

旭川で出会い顔になじんだ管理者へ
本当にいい曲が見つかりました!
あの曲はありますか?いつ旭川で出会い
昨夜彼がラジオで聞いた曲を検索した

 

 

 

私は大学生の小遣いがある記録については毎月任意の数の記録を購入することができないので
好きなアーティスト、または収集したいレコードのみを購入します。

旭川で出会いだからマネージャーはそのような学生に優しいです
私は要求に応じて店から流されたBGMを聴きたいレコードを流した

「それを見つけなさい、もし私がそれを見つけることができれば、私はあなたに電話します、その歌」旭川で出会い

もう一度聞きたいです。
部署の記憶にもよりますが、アーティストの名前は…曲のタイトルを見回して

人気アーティストのプロモーション用のポスターが店内に展示されている場合、他の誰よりも先に誰もが集まります。

プロモーションが終わって店頭から剥がされると、最初の1人だけにしか手に入れられないという戦いの闘い(笑)

私のための小さなメモがポスターの端に貼り付けられたときの幸せ、私が他の誰かより先になったときの後悔(笑)

それは愛らしかった。旭川で出会い

なぜ
今でも私は一部屋では時々消えない西洋の音楽を思い出し、懐かしい思い出を思い出します…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です