出会いは無数に北海道では飛び込んできます

出会いがぶらぶらしている夜には、詩を書くのは日本人として礼儀です、それで我々は彼らが好みを聞いているように私たちも詩を作ります。

出会い
空を見ると、無数の星が目に飛び込んで、まだ見えていない同じ星が目に浮かんでいると思います。

北海道 出会い

私は天に向かって、私の手を上にして私の指の隙間から月をつかもうとしますが、月は際限なく遠くにあり、私の5本の指は出会いの端で崩れ落ちています。

私は私の指を失い、私は私の毎日の生活に支障をきたしました、私がそれぞれの指にチョッパーチェイスを挿入したとき、その風の体はとてもかわいくてかわいいでした。一石二鳥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です