住民と確認した旭川の割り切り

8日夜は、JR九州の執行役員を含む3つの合弁会社(JV)の幹部がマンション集合場所を訪問し、住民と話し合った。公開されていませんでしたが、参加した住民によると、3社それぞれから未着イカについてお詫びの言葉があり、今後は他のイカも調査して旭川の割り切り「誠意をもって対応します」と説明します。があった。住民は、彼らがまだ不安の中で生活していたと報告しました。住民の一人は「ようやくここに到着したが、謝罪は受け入れられない。始まったばかりだ」と述べた。

旭川の割り切り「六番館」は、1995年に販売を開始した60戸7階建ての建物で、当初から外壁のひび割れなどの不具合が多く、住民からは施工不足との疑いがありましたが、JV合弁会社側は、「主な構造部品には影響がない」と回答し、1998年に確認書を提出した。合弁会社側は、2017年の住民による2016年の調査で判明した傾向を認めたが、不十分だったと否定した。地震。旭川の割り切り

住民の要望により、全国建築検査院( )が2018年3月から4月にボーリング調査を実施したところ、2つの基礎杭の長さがそれぞれ7.3メートルと4.1メートルであり、地面が不十分であることがわかりました。判明した。その後、若い建築物も調査したところ、0.1メートルの差はありましたが、ほぼ同じ長さでした。 9日、建設に携わる会社が、豪倉良平社長がマンションを訪問してくれたことをお詫びします

旭川の割り切り———————————————
20年以上にわたる住民の団結運動がついに実を結びました。

もし彼らが団結していなければ、彼らは暗闇の中に葬られていたでしょう。旭川の割り切り

理解できない場合は、切り取って改ざんすることができます。

クソゼネコンの狡猾さと不条理は現在の政府と同じレベルです
日が経つにつれて

旭川の割り切り何日も経ちました

あなたと一緒に

慣れてます

始めてから旭川の割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です