北海道の出会いでの危険を回避する

一木地区の子供たちは、飛行会社北海道の出会い学生隊兵舎の前を通過せずに家に帰ることができず、爆撃される可能性があります。

廣瀬らは北海道の出会いの下や溝に隠れていたが、飛行会社のメンバーは「これは危険だ。戻って」と叫んだ。

危険を回避するために、主任教師は引き返し、子供たちを会社の近くの森に避難させることにしました。

広瀬らは北海道の出会いをまっすぐ森に向かって走った。
「水をください。」私が森に着いたとき、先生はまた戻って、逃げるのに遅れた子供たちがいないか調べていました。

先に到着した先輩の指示で、グループに分かれて「ふせろ」の声で木の根元に横になりました。

それは1、2分後だった。

突然、耳をつんざくような轟音が鳴り、爆風が私の体を土の煙で吹き飛ばしました。

ちょっと「何が起こったのか」と思ったのですが、気を失いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です