北海道の出会いは不思議ではなかった

3北海道の出会いで目覚めたとき、本来は暗かったはずの森がすっかり明るくなっていることに気づきました。

北海道の出会いとした森の木々が倒され、枝に子供服が引っ掛かりました。木の下に子供がいて、手足が吹き飛ばされた子供と、腹がえぐられた北海道の出会いがいました。地獄の絵でした。

森から飛び出し、「先生、水をください」と叫ぶ声も忘れられません。

広瀬さんも左足の2か所でがれきをかすめて負傷した。

重傷者はドアプレートに置かれ、車に収容され、病院に運ばれました。

24人が即死し、7人が病院で亡くなりました。

「誰が死んだかは不思議ではなかった。私は生きている運命にあったのかもしれない。」

平穏な時代のおかげで、広瀬さんがこの体験を公の場で語り始めたのは5年前のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です