記憶が夏に変わった旭川のママ活

帰りの電車で、向かいに座っていた女性がサンダルを履いていて、夏が来ると思いました。

ゆっくりと見回すと、冬や春よりも白い服を着ている人が多かった。
去年の夏を思い出そうとしましたが、記憶がかすんでいたのでうまくいきませんでした。

https://www.nikukai.jp/hokkaido-mamakatsu/#heading2

どんな夏服を持っていましたか?
青、緑、そしてその間の色。白もあります。旭川のママ活

今年の夏に会えるのかと思いきや、気持ちをクローゼットに戻しました。

持っていた服を全部数えた後、初めて会った日を思い出しました。
あなたは確実性のない日々に確実性なしに生きることはできません。

駅のトイレで、親子の順番を変えてください。
今日は親切です。
私はあなたに親切でした。旭川のママ活

むしろ、家に帰りたくない。
家に帰ると、きっと気持ちが端からこぼれてしまいます。

私はいつも夜の駅で苦手でした。
家に帰る場所がないことに気づきました。

非中央駅の出口には人が少なく、1台の自動販売機だけが明るく輝いていました。
私たちはさまざまな適切な温度を持っており、常に一人で誰かを待っています。旭川のママ活

(余談。子供の頃、大学の道路に「VIVOより美味しいのは唯一!」と書かれた自動販売機がありました。

簡単な夕食を食べたり、お風呂に入ったり、化粧を落としたり、パジャマに着替えたり、洗濯物をたたんだり、布団を敷いたりしても、まだまだ違和感があるので、Tシャツに着替えて魚を焼きます。洗った。