元気な優しさがあった旭川の割り切り

そして、妹は私の左目を開きます

 

キンカンと塗り直し〜
近畿館、幸せな一日

彼は元気で親切に歌いました。旭川の割り切り

私の妹の優しさはキンカンから浸透しています。
そう感じたのは2年生の夏のイベントでした。

姉さん。
あの歌はまだ旭川の割り切り
耳を傾けます。
しかし、これのおかげで、私は「人」を「人」と間違えない大人になりました。

私は大会社2年生の夏に書きました。
遺言を書いたときのエピソード。

旭川の割り切り夏休み直前の暑い夏でした。
私は妹よりも少し早く会社から帰ってきたので、まず扇風機をつけ、バックからランドセルを下げ、冷蔵庫から大麦茶を取り出してグラスを飲みました。おそらく、ファンの風と冷たい麦茶が体温をわずかに下げ始めたために、上腕が突然かゆみになりました。どうやら蚊によって、上腕が腫れ上がっていた。

きんかんを薬箱から取り出しました。
彼らがまだそれらを売っているかどうかはわかりませんが、過去にキンカンの蓋がゴムでできていることを知っていましたか? *画像を参照旭川の割り切り
スポンジをゴム製の蓋の背面に取り付け、スポンジに浸したキンカンを患部に塗布できるようにしました。
しかし、大学2年生の私は、ゴム製の蓋をわずかな力で引き抜くのが困難でした。さらに、上腕のかゆみがさらに邪魔になり、蓋を簡単に取り外すことができませんでした。
そして、その時、私は意図せずにかゆみからふたを引き抜いていました!

旭川の割り切りかわいそう! !
同時に、ふたが勢いよく外れ、同時に便を握っている左手が激しく横に振った。
その瞬間はまだスローモーションで私の心の中に燃えています。

「矢部ぇ」
叫ぶとすぐにボトルから飛び出した液体(キンカン)が左目に当たった。

恐怖の叫びが真夏の県営住宅団地に響いたことは言うまでもない。

うわぁ! ! !

放浪はこれを言うだろう。
彼の頭を冷やし、回転するファンを倒し、汗をかいた大麦のティーポットを取り除き、回転するキンカンボトルを蹴り、頭をテーブルの角に叩きつけて床に落ちて、私は再び叫んで回った。そして数分が経過しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です