重要な調達があった旭川のママ活

米国がロシアからアラスカを購入したとき、購入のポイントであった国務長官は、国民から批判されたようです。

1867年にクリミア戦争の中立国である米国に720万ドル

北海道・札幌でママ活できそうな女性 〜旭川・小樽などのエリアでもママ活にチャレンジしよう

(1 km2あたり5ドル)で売却され、クリミア戦争後の財政難によりロシアの資金を調達しました。
旭川のママ活
交渉は国務長官ウィリアムH.スワードによって組織されました。

これは当時のアメリカ人から「スワードの愚かさ」と「巨大な冷蔵庫を買った男」と非難されたが、その後豊富な資源が見つかり、アラスカは防衛(主に旧ソビエト連邦)にとって重要だった。ある役割を果たしていることがわかり、今では高く評価されています。]旭川のママ活

もともとはロシアの植民地でした。

アラスカが米国に売られていなかったら、カナダと米国は大きな問題を抱えていただろう。ソビエト連邦がすぐ近くにあり、攻撃用のロケットが国境近くに並んでいた場合、アメリカ人とカナダ人は決して眠ることができません。
私は昨日16時30分に仕事を終えて駅に向けて事務所を出ました。旭川のママ活
駅前にポリスボックスがありますが、ポリスボックスの入り口に男の子が立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です